愛知県溶接協会について

愛知県溶接協会の概要

■名称 一般社団法人愛知県溶接協会
The Aichi Welding Engineering Society(略称:AWES)
■所在地

〒456-0058
名古屋市熱田区六番三丁目4番41号
名古屋市工業研究所内

電話:052-651-6084
Fax :052-651-6081

■設立 平成20年12月10日(設立登記)
■沿革 昭和33年3月2日  (社)日本溶接協会愛知県支部設立
平成20年2月15日  創立50周年記念式典の開催
平成20年12月10日  一般社団法人愛知県溶接協会(非営利型法人)
として組織変更し登記
平成21年1月20日  設立総会を開催し正式に発足
■活動地域 愛知県内及び近隣
■団体役員 会長(代表理事) 平光範之 (新日鐵住金株式会社)
■会員数 274社(内訳:正会員 177社 賛助会員 97社):平成30年5月18日現在
■事業目的 本協会は、溶接・接合に関する調査研究、技術の向上及び
普及に係る施策の推進等を行うことにより、溶接・接合関連産業の健全な発展を図り、もって産業の振興に寄与することを目的とします。
■事業内容 (1) 溶接・接合に関する調査研究
(2) 溶接・接合に関する普及及び啓発
(3) 溶接・接合に関する人材の育成
(4) 溶接・接合に関する 官公庁、国内外の学協会及び研究機関等との交流及び協力
(5) 前各号に掲げるもののほか、この法人の目的を達成するために必要な付帯または関連する事業

平成30年度事業計画書(概要)

自 平成30年4月1日
至 平成31年3月31日

1.溶接技能者・技術者の教育と育成支援事業

①新規就業者の支援

溶接を志す技術者に必要とされているJIS溶接技術検定の資格取得のための講習会の開催、中小企業の溶接訓練及びスキルアップの教育・訓練を支援します。
手溶接及び半自動溶接技術者を目指すものに対して溶接入門初心者講習会(実技及び学科)の月1回の定期開催

②溶接作業従事者のスキルアップと職場リーダの育成の支援

・愛知県溶接技術競技会の開催と全国溶接技術競技会への選手の派遣
溶接技術者間の技術交流による技能の深耕、及び溶接業務に携わる者の技量を競い、参加者各位の相互研鑽による技能向上とスキルの高揚につとめます。また 優秀な成績を収めた参加者を表彰するとともに全国溶接競技会へ選手の推薦を行います。
・技術交流会の開催
溶接コンクールで上位成績者の溶接を「見て・試して・活用する」ことによりスキルアップを図り、企業間の技術向上に役立職場のリーダを育成します。

③名古屋市工業研究所と連携してモノづくり中小企業総合技術支援 業界対応専門研修 「溶接技術研修」の開催

全国溶接技術競技会の課題に対して、その溶接技法を習得する研修会を開催します。研修修了者が愛知県溶接技術競技会や全国溶接技術競技会で優秀な成績を修められるレベルに到達し、ひいては一般溶接技能全体の底上げを目指します。
開催日:9月上旬から毎週1日 全部で5日間
場所:名古屋市工業研究所

④溶接技術の普及と向上

・講演会の開催年2回以上(他団体と共催を含む)開催し、溶接技術の研究開発の成果をいち早く周知、普及に努めます。
・アドバイザー派遣による中小企業溶接技術相談の実施と技能向上支援
・見学会:先端的な技術を有し成長する産業 ・企業を見学し、中小企業のモノつくり技術の革新に寄与していきます。

⑤労働安衛法に定められたガス溶接技能講習の開催

ガス溶接技能講習会は産業界からの期待も大きく、受講機会を確保するため毎月開催

⑥高等学校溶接教育の支援と普及

教職員に対し溶接技術の教育及び普及を図り、高等学校内での教育環境を整えるための支援を積極的に推進するために、熟練技能者を必要に応じて派遣し溶接実技教育の充実を図り、ジュニアーマイスター制度に溶接部門を登録、就業の支援を図っていきます。
・高校生の溶接接合に対する関心を高め、あわせてスキルアップを図る目的で高等学校工業教育研究会とタイアップして溶接競技会及びメタルアートコンテストを開催します。
第10回(平成30年)愛知県工業高校生溶接競技大会
開催日:10月13日(土)
場所:愛知県立愛知総合工科高等学校

⑦技能検定講習会の開催

労働省所管の構造物鉄工1、2級技能検定講習会の開催による国家資格「技能士」の取得支援を行います。
開催時期は、4月申込受付、講習会5月中旬~6月中旬、検定試験7月中旬を予定しています。
講習会開催日:5月10日~6月7日 の木曜日5日間
事前研修会:6月22日
検定試験日:7月5日、6日
場所:名古屋市工業研究所

⑧抵抗溶接実務教育訓練講習会の開催

日本溶接技術センターと共催で、講義と実習の組み合わせで日常業務にすぐ役立つ内容のプロジェクション、シーム溶接を含んだ講習会を年2回実施します。
開催日:6月14日(木)、15日(金)と11月8日(木)、9日(金)のそれぞれ2日間
場所:名古屋市工業研究所

 

2. 一般社団法人日本溶接協会の委託業務
(溶接技能者評価試験及びサーベイランスに関する業務)

①JIS溶接技術検定試験受験者業務

県下の溶接資格検定試験の受験者は年間約5000人と多く、定期検定試験は現在3日/月及び各企業、団体及び社会復帰施設内で開催する出張検定を2~3回/月開催しているが希望者が多く盛況であり、開催回数及び時期等を有効に配置し受験機会の拡大に努めます。また外国人研修生(JITCO)初級技能評価試験業務についても実施していきます。

②サーベイランス

溶接資格の維持は、溶接技量はその性格上個人技能の習熟に左右されるため毎年溶接作業に従事し継続している証明(サーベイランス)が必要とされています。サーベイランスの手続忘れの無いよう啓蒙していきます。

③溶接管理技術者1,2級研修会の開催

3.その他事業

①会員の加入促進と組織化

正会員及び賛助会員の加入を促進し更なる財政基盤の確立を図っていきます。

②本会業務の効率化と組織の体制整備を図りながら、会員サービスの向上、タイムリーな情報の発信に努めます。

③溶接をキーワードとした産学官の連携による、新技術、新規事業化への支援及び助成・補助金への申請の支援を行う。

また、会員会社及び異業種交流によるコラボレーションを支援し事業の転換等の支援を関係官庁と連携していきます。

以上

会員名簿

「会員名簿」

第10期決算公告

第10期(平成29年度)決算公告

平成30、31年度役員

役員名簿

定款

定款