溶接資格の内容

溶接技能者資格の種類

1.溶接技能者資格には対象材料と溶接方法によって区分された次の資格があります。
 下表の色は申込書色調です。

資格の種別 適 用 し て い る 規 格 資格の適用事例
手溶接
(ガス溶接)
JIS Z 3801 手溶接技術検定における試験方法及び判定基準
WES 8201 手溶接技能者の資格認証基準
一般構造物の手溶接及び溶接技能者の基本的な資格として適用
半自動溶接 JIS Z 3841 半自動溶接技術検定における試験方法及び判定基準
WES 8241 半自動溶接技能者の資格認証基準
一般構造物の半自動溶接に適用
ステンレス鋼溶接 JIS Z 3821 ステンレス鋼溶接技術検定における試験方法及び判定基準
WES 8221 ステンレス鋼溶接技能者の資格認証基準
ステンレス鋼の溶接に適用
チタン溶接 JIS Z 3805 チタン溶接技術検定における試験方法及び判定基準
WES 8205 チタン溶接技能者の資格認証基準
チタンの溶接に適用
プラスチック溶接 JIS Z 3831 プラスチック溶接技術検定における試験方法及び判定基準
WES 8231 プラスチック溶接技能者の資格認証基準
プラスチックの溶接に適用
銀ろう付 JIS Z 3891 銀ろう付技術検定における試験方法及び判定基準
WES 8291 銀ろう付技能者の資格認証基準
ろう付作業に適用
すみ肉溶接 WES 8101 すみ肉溶接技能者の資格認証基準 すみ肉溶接に適用
PC 工法溶接 WES 8105 PC工法溶接技能者の資格認証基準 PC 工法による住宅建設の溶接に適用
基礎杭溶接 WES 8106 基礎杭溶接技能者の資格認証基準 基礎杭の溶接に適用
石油工業溶接士 WES 8102 溶接士技量検定基準(石油工業関係)
JPI-7S-31-2007 溶接士技量検定基準(石油工業関係)
石油工業関係装置,機器
などの溶接に適用
  1. 手溶接資格とは溶接操作を手で行う溶接で、炭素鋼を対象に溶接棒を使用する被覆アーク溶接、ティグ溶接、ガス溶接他が有ります。
  2. 半自動溶接資格とはワイヤの送給が機械化された溶接で、炭素鋼を対象にマグ溶接、セルフシールドアーク溶接他があります。
  3. 対象材料ごとにステンレス鋼溶接資格、チタン溶接資格、プラスチック溶接資格があります。
  4. その他の資格には銀ろう付、すみ肉溶接、PC工法溶接、基礎杭溶接、石油工業溶接士があります。
  5. 評価試験申込書の色調として緑・茶・青・グレー・ピンク等が有り、申込書が区別されています。

2.資格の記号/手溶接資格の例 : その他の資格種別記号は日本溶接協会HP 「溶接技能者資格について」をご覧下さい。

受験種目
基本級 専門級
01 N-1F 02 N-1V 03 N-1H 04 N-1O 05 N-1P
06 A-2F 07 A-2V 08 A-2H 09 A-2O 10 A-2P
11 N-2F 12 N-2V 13 N-2H 14 N-2O 15 N-2P
16 A-3F 17 A-3V 18 A-3H 19 A-3O 20 A-3P
21 N-3F 22 N-3V 23 N-3H 24 N-3O 25 N-3P
26 T-1F 27 T-1V 28 T-1H 29 T-1O 30 T-1P
31 C-2F 32 C-2V 33 C-2H 34 C-2O 35 C-2P
36 C-3F 37 C-3V 38 C-3H 39 C-3O 40 C-3P

3.資格の記号の意味

  1. 資格の記号はJIS (WES)で定められています。基本級と専門級があり、基本級(F)が無いと専門級は取得出来ません。
  2. 記号の列は N-1F のように2つの項目を ー で結んで表しています。
  3. 第1の項目は主に溶接法、対象材料、裏当て有り無しを示し、第2の項目は板厚、溶接姿勢、パイプ溶接等を示します。

<第1項目の記号の意味>
N=裏当てなし A=裏当てあり T=TIG溶接(裏当てなし) C=炭素鋼では組合せ(コンビネーション)、ステンレス鋼では被覆溶接棒(コアードフラックスロッド)を表す。
G=ガス溶接  S=半自動溶接  SS=ノンガス(セルフシールド)半自動溶接(裏当てあり)  M = MIG溶接  TN =ステンレス鋼TIG溶接 R=チタン溶接  PVC,PP,PE = プラスチック FA,PA = 銀ろう付 Fil=すみ肉溶接  PC=PC工法溶接  FP=基礎杭溶接  E,F,FT,FC=石油工業溶接士

<第2項目の記号の意味>
板厚:1=3.2mm  2=9mm  3= 19mm
姿勢: F =Flat下向き V =Vertical 立向き H =Horizontal横向き O =Over上向き P=パイプ全姿勢

4.受験資格

  1. 基本級=1ヵ月以上溶接技術を習得した15歳以上の者
  2. 専門級=3ヵ月以上溶接技術を習得した15歳以上の者で、各専門級に対応する基本級の資格を所有する者
  3. 銀ろう付、石油工業溶接士、PC工法溶接、基礎杭溶接資格については各適用規格を参照願います。

5.評価試験の内容

  1. 学科試験=はじめて受験する者:研修テキスト参照 (溶接の一般知識、溶接機の構造と操作、溶接施工他)。試験の言語は原則日本語で行いますが、対応できる外国語もありますので、希望する場合は問合せ下さい。
  2. 実技試験=JISZ- 等適用規格にもとづいて行い、外観試験及び曲げ試験他により評価します。