サーベイランス

サーベイランスの手続き

溶接技能者として資格認証された者は、認証要求事項を継続的に満たしていることを業務従事証明により毎年確認することが必要です。

  1. サーベイランスの手続きは「適格性証明書」の有効期限の切れる3ヶ月前から有効日までの間に申請書を提出下さい。
  2. サーベランスのお知らせは3ヶ月前に「評価試験申込書」に記入した通知先にはがきで   郵送されます。通知先が変わっている場合は記載事項変更申請書又は登録事項変更届(勤務先住所と電話、自宅電話、通知先のみ変更時使用=無料)を予め提出されることをお勧めします。
    1.有効期限直前での手続きは期限切れの恐れがありますので、 通知書が到着次第速やかに手続き下さい。
    2.有効期限を過ぎると「適格性証明書」は無効となります。
  3. 申請書の記入欄、質問事項に洩れなく記入し、捺印して下さい。
  4. 記入済みの申請書(業務従事証明)と「適格性証明書」原本(コピー不可)を愛知県溶接協会へ持参又は郵送で提出下さい。
  5. 業務従事証明記入の注意事項
    1.証明者記入欄は勤務先の責任者等が記入下さい。
    2.サーベイランス申請者と証明者がお互いに証明しあうことはできません。
    3.個人営業の方や経営者自身が申請者の場合、仕事をした請負先の会社、工事場所の責任者から証明を受けて下さい。
    4.業務従事記録の作業名は作業した物件の名称ではなく、業務内容を記入下さい。
    (〇: 鉄骨建築の溶接、建物の配管溶接  ☓: △△家の新築、□□工場の改造)

サーベイランスの回数

「適格性証明書」には継続年月日と1回目、2回目継続が表示されます。登録日から3年を経過しますと実技試験を伴う再評価試験(更新)の受験が必要です。

再発行申請書及び記載事項変更申請書

登録事項変更届

料金表はこちら